Home 活動内容 問合せ先 ご注文 NEWS English


公演や美術展の開催に伴うお悩みやご相談をお寄せください。

*スタッフ手配、電話受付、広報、イベント保険、チラシ・パンフレット制作等

support@cfa-in.com




99歳の細密画家 熊田千佳慕さんの個展が、2009年8月12日松屋銀座を皮切りに全国各地で開催されます。

熊田千佳慕(くまだちかぼ)さんは、1911年、横浜生まれ。東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業後、詩人の長兄精華さんの友人山名文夫氏に師事、グラフィック・デザインの道に進む。1935年、名取洋之助主宰のデザイナー写真家集団「日本工房」に入社、写真家土門拳らと仕事をする。戦後は描画活動を再開。1950年、初めての絵本『みつばちの国のアリス』で装幀賞を受ける。以来、幼児の本や雑誌で花や虫の生態画を手がけるようになる。1981年『ファーブル昆虫記』を描いた作品がイタリアのボローニャ国際絵本原画展に入選(1983年も同展に入選)。1989年には『KUMADA CHIKABO’S LITTLE WORLD』全7巻で小学館絵画賞を受賞。神奈川県立博物館で開催された『J.H.ファーブル展』に原画を出展、フランスの「ファーブル友の会」会長から“プチ・ファーブル”と激賞される。
1991年横浜文化賞を受賞。1996年神奈川県文化賞を受賞。以後、全国各地にて展覧会が多数開催されている。主な著書に『ファーブル昆虫記の虫たち』1〜5巻『みつばちマーヤの冒険』『花のメモリー』『花を愛して』『愛するからこそ美しい』『妖精プック花の旅』(以上小学館)などがある。

「虫も草も木も

 愛情をもって見るとかわいいし

 美しい発見がいっぱいあります

 人間の仲間として

 小さな虫を 花を 草を

どうか愛してください

               千佳慕」

〈99歳の細密画家 プチファーブル 熊田千佳慕展(主催:朝日新聞社)〉のご案内

松屋銀座 2009年8月12日(水)〜24日(月)
京都島屋 2009年9月9日(水)〜21日(月・祝)
伊丹市立美術館  2010年4月10日(土)〜5月23日(日)
福岡県立美術館 2010年5月27日(木)〜7月11日(日)
ジェイアール名古屋タカシマヤ 2010年7月21日(水)〜8月2日(月)
横浜島屋 2010年8月4日(水)〜16日(月)
心斎橋大丸(大阪) 2010年9月15日(水)〜27日(月)
高崎市美術館 2010年11月14日(日)〜12月26日(日)